即日融資を望むなら、今から言う方法で確実にお金を借りることはできる

俺は金融屋を始めて20年になるが、
昔に比べると、即日融資に対応してくれる金融機関、
消費者金融が非常に多くなったものだ。

 

大手消費者金融、中小消費者金融はもとより、
メガバンク系の銀行カードローン、地方銀行カードローンに至るまで、
その殆どが対応しているのが現状だ。

 

ただ、どうしても即日中に融資をしてもらいたいのであれば、

 

14:00頃までには契約を完了させておく
できるだけ午前中の早い時簡に申し込みをしておく
借り入れ審査から融資までをスピーディーに行ってくれるところを選ぶ

 

まずはこれらのポイントをおさえつつ、
即日融資をくれやすいところを選ぶのが非常に重要と伝えておこう。

 

14:00頃までには契約を完了させておけ。

何故か?理由は簡単だ。
これはもし借り入れしたお金を振り込みしてほしい場合、
振り込み先金融機関の営業時間を考える必要があるからだ。

 

要は自身が振り込みを希望する、
金融機関が営業している間に契約が完了していればよいのだが、
多くの金融機関が取引できるのが14:50頃だ。

 

そう考えた時、余裕をもって借り入れできることを考えれば、
14:00頃にはすべて完了させておきたいというわけだ。

 

できるだけ午前中の早い時簡に申し込みをしておく。

申し込みは早いほうがいい。
これは契約を14:00頃までに終わらせておくためでもあるが、
手続きの処理は申し込まれた順に処理されるからだ。

 

ここでよく疑問として浮かび上がるのは、

  • WEBから申し込み
  • 電話での申し込み

どちらのほうが早く融資までこぎつけることができるのか?だ。

 

結論からいえば、WEBからの申し込みが圧倒的におすすめである。
理由はいつでもどこからでも申し込みができるからだ。

 

それとWEB申し込みの良いところは、
24時間対応してくれるだけでなく、「WEB完結申込」といった、
簡潔によりスピーディーに借り入れできるサービスを行っているところがあるからだ。

 

例えば、プロミスやモビットといった大手消費者金融が該当するのだが、
WEB上で全て手続きが完了するだけでなく、カードレスキャッシングも可能である。

 

カードレスキャッシングのメリットは、キャッシングしたことがわかりにくい、
要するに誰にも知られずにキャッシングできることだ。

 

「キャッシングしたことは内緒にしておきたい」人であれば、
このような方法はかなり有用的といえるだろう。

 

借り入れ審査から融資までをスピーディーに行ってくれるところを選ぶといい。

もはや言うまでもないかもしれないが、
少しでも早くお金がほしければ、融資までを一刻も早く行ってくれるところを選ぶべきだ。

 

いくら手続きを早く始めてくれたからといって、
審査が遅く、融資までが時間がかかるようでは全くもって話しにならないからだ。

 

審査時間については各社、短縮に力をいれているため、
最短10秒と謳っているところもあるが、審査以上に注目してほしいのが、
貸付まで本当にどのくらい時間がかかるのか?という点である。

 

実は融資までの時間を、
ホームページ等で明記しているところが以外に少ないのだ。

 

私が知る限り、融資までの時間を明記しているのはプロミスぐらいである。

 

プロミスの場合、借り入れまでが最短60分とあり、
とにかく急ぎでお金を用意したいのであれば、選ばない手はない。

 

ちなみに融資までの時間は明記していないが、
借り入れまでが早いのは消費者金融系のキャッシングであることは体感している。

 

例えば、アコムやモビット、アイフルといった消費者金融の場合、
申し込み→審査→借り入れまでの所要時間は遅くても2〜3時間程度だった。

 

これに対し、銀行カードローンなど銀行からの融資に関しては、
よくて最短即日…というのが実情である。

 

それでも申し込み→審査完了後、
店頭ATMまで出向き、カード発行をすることができるのであれば、
三菱東京UFJ銀行のバンクイックはかなり早く融資まではこぎつけることができた。

 

私が知る限り、バンクイックは銀行カードローンの中では、
最速で借り入れできるところだった。

 

即日融資を望むならこの消費者金融を選べ

まとめるとこうだ。

 

消費者金融ならプロミスかモビット、
銀行カードローンならバンクイックを選ぶ、
これが即日融資を叶えるためのベストな選択であると。

 

実はこの3社は借り入れ条件やサービス面を見ても、
業界内でトップクラスに良い。

 

以下、各社特徴をまとめてみたので、
自身が気に入ったところからチョイスをしてもらうと良いだろう。

 

SMBCコンシューマーファイナンス プロミスの特徴

30日間無利息キャッシングが可能
カードレスキャッシングが可能
書類で在籍確認が可能
WEB上で取引が完結(WEB完結申込)
融資まで最短で60分

SMBCコンシューマーファイナンス プロミスの詳細を見る

 

モビットの特徴

カードレスキャッシング
書類で在籍確認が可能
カードレスキャッシング
WEB上で取引が完結(WEB完結申込…三井住友or三菱東京UFJに口座がある場合)

モビットの詳細を見る

 

バンクイックの特徴

総量規制外で借り入れ可能
口座不要で借り入れ可能
最短30分で審査完了

三菱東京UFJ銀行 バンクイックの詳細を見る

 

もしお前が多重債務者なら即日融資はまず諦めたほうがいい

金融屋の俺の勘からすると、
どうしても即日融資が必要ということは、
「借金の返済のために」という奴も少なからずいるはずだ。

 

しかも既に複数の借り入れをしている奴、
いわゆる多重債務者であれば、新規で申し込んでも借り入れできない可能性が高い

 

それは総量規制に触れるからだ。

 

前述した銀行カードローン以外の借り入れは、
ほぼこの総量規制に触れ、新たな借り入れはできないと思ったほうがいい。

 

※総量規制…年収の3分の1以上の借り入れを禁止した法律

 

もしくは仮に、この総量規制に触れずとも、
4社以上の借り入れをしているようなら、まず新規借り入れはできない。

 

これは貸し倒れのリスクが圧倒的に高まるからだ。

 

以上だ。

 

お前はこういったことに該当するか?
もし該当しないのであれば、融資してもらえる可能性はある。諦めるなよ。